スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半田晴久(深見東州)の「まほろばトーク」月間日本 2015年2月号 :ワールドメイト ちょっと幸せな話

ブログランキング(ワールドメイト)に参加中です。
応援クリックをお待ちしてます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ


月間日本(2015年2月号)連載 半田晴久(深見東州)の「まほろばトーク」のタイトルは、「世界オピニオンリーダーズサミット 上」です。
この第3回世界オピニオンリーダーズサミットの後に、
2015年5月30日 グローバル・オピニオン・サミット 
2015年12月13日 WSD 世界人権サミット
2016年3月18日  「世界の医療と、国際政治」サミット
と繋がっていくのですが、この第3回世界オピニオンリーダーズサミットから、
テーマが絞り込まれて、次へと展開しているようです。
「まほろばトーク」を通して振り返ってみたいと思います。

nikkansports.comのページに、「第3回世界オピニオンリーダーズサミット」の記事があります。
また、ポスターには、次のように書かれています。
「世界オピニオンリーダーズサミット」は、半田晴久が招聘する“オピニオンリーダー”と、世界平和に貢献する熱き議論を行うものです。
 第1回はトニー・ブレア元英国首相、第2回は、ビル・クリントン元米国大統領とコリン・パウエル元米国務長官を迎えました。
 第3回の今回は、トニー・ブレア元英国首相とジョン・ハワード元豪州首相、フィデル・ラモス元フィリピン大統領を迎えます。
 ブレア氏は、首相退任後、トニー・ブレア・フェース財団を設立し、各国で平和活動を行っています。第1回のサミットでは、「北アイルランド問題から学ぶ、『衝突』を解決する7つの原則」を講演し、大きな反響を呼びました。
 ハワード氏は、豪州で首相を4期努め、巨額の負債を解消し、豪州経済を大きく成長させました。また、第1次安倍内閣と日豪安保共同宣言に著名し、日豪関係の発展に寄与しました。
 ラモス氏は、フィリピンの大統領として、経済再建と憲法制定をやり遂げ、国家再建大きな功績を残しました。
 ブレア氏とハワード氏とラモス氏を中心に、「グローバリゼーションにはチャンスと課題がある」というテーマで、熱き議論をします。
 今、私たちにとって不可欠な、“世界の現状を正しくとらえ、良き日本の道を選択する目”を養う、またとないチャンスになるはずです。
 皆さんの参加をお待ちしています。
20141017-opinionleader.jpg


月間日本 2015年2月号「世界オピニオンリーダーズサミット 上」の内容は次のとおりです。
半田晴久氏が総裁を務めるNPO法人世界開発協力機構(WSD)主催で「第3回世界オピニオンリーダーズサミット」(後援:外務省、防衛省、東京都、日本国際フォーラム、パシフィック・フォーラムCSIS)が2014年10月17日、東京都港区の東京プリンスホテル鳳凰の間で開催された。

スペシャルゲストとして参加したのは、元英国首相のトニー・ブレア氏、元オーストラリア首相のジョン・ハワード氏、元フィリピン大統領のフイデル・ラモス氏、自民党副総裁の高村正彦氏の4人。さらに、元米国務次官補のカート・キャンベル氏、パシフィック・フォーラムCSIS所長のラルフ・コッサ氏、駐デンマークアイルランド特命全権大使のブレンダン・スキャネル氏、エジプト外務次官のヒシャム・バドル氏、日本国際フォーラム理事長の伊藤憲一氏、東アジア共同体評議会議長の平林博氏がパネリストとして参加し、約1800人の聴衆を前に約4時間にわたって熱い議論を交わした。サミットのテーマは「グローバリゼーションにはチャンスと課題がある」。

まず、WSD総裁の半田氏が開会の挨拶に立ち、「アーギュメント(議論)中心に進むシンポジウムと違って、サミットは大きなテーマで議論をするプロセス自体が面白いのです。そして、このサミットは、交流の場、出会いの場でもあります」と語り、パシフィック・フォーラムCSISのヤングリーダーと、菱研のヤングリーダーズ・アドバイザーを紹介した。
半田氏は、「グローバリゼーションが進むほど、自分たちのアイデンティティ、帰属意識を意識するようになり、ナショナリズムが高揚するという問題を引き起こしている。グローバリゼーションには、国家間の格差、各国内部の格差を、どう解決するのかという問題があります。これが、大きな政治課題として突き付けられています」と指摘した。

最初の基調講演者のハワード氏は、豪州首相を12年間務め、市場重視の経済政策を進め、平均成長率3・6%の持続的成長を達成。960億ドルあった連邦政府負債を返済した。講演の中で、ハワード氏は「ヤングリーダーの方には、グローバリゼーションの成果を認めてほしい。グローバリゼーション、資本主義の力を信じていただきたい」と訴えた。

さらにハワード氏は、「かつて豪州の敵だった日本との間で、1957年に日豪通商協定を締結し、経済関係緊密化が進んだ。いまや日本は親友になった」と語り、日豪が経済面だけではなく、共通の目的意識を共有し、外交面でも関係強化に取り組んできたことを紹介した。

ハワード氏に半田氏、ブレア氏、ラモス氏も加わったディスカッションでは、ブレア氏が「グローバリゼーションは止められない。その課題に取り組むことが重要だ」と語り、政府が教育を通じて、国民にグローバリゼーションに備えさせることの重要性を指摘した。続いて、発言を求められたラモス氏は、「フィリピン語で”ハンダ”という言葉は、”準備ができている”という意味です。このサミットを、準備してくれた半田先生に感謝します」と語り、場内の笑いを誘った。

またハワード氏は、グローバリゼーションとテロとの戦いを、共通の価値として遂行していきたいと語った。さらにブレア氏は、グローバリゼーションがうまくいくのは、各国が文化的にもつながるときだと強調した。そして、ラモス氏は① エボラ出血熱、エイズ、マラリア、デング熱などの疫病、②国際的なテロ、③気候変動、④ 貧困――という4つの敵と戦わなければならないと指摘した。

201502mahoroba.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
ブログランキング
FC2Blog Ranking

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ

プロフィール

Author:福☆耳男
「ワールドメイト ブログ(blog) ちょっといい話」へようこそ!

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ワールドメイトのリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。